女性ホルモン卵巣の機能低下

更年期のさまざまな不快な症状は卵巣の機能低下により女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少したり分泌が不安定状態になったときにおこりますその急激な変化が体に大きなストレスになります一般にエストロゲン血中濃度が1mg中50ピコグラム以下になると更年期の症状が出やすくなるといわれていますそこで外から飲み薬や張り薬などによりホルモンを補いホルモンの急激な減少に体が無理なくついていけるようにするのがHRTですよく女性の体のライフサイクルは飛行機の離陸と着陸にたとえられますエストロゲンの分泌が変動して減少して着陸時に衝撃を感じるのが更年期ですそこで外からホルモンをおぎなうのが衝撃をやわらげて着陸をスムーズにさせるということですHRTは現在ではもっとも有効な更年期障害更年期症状の治療法として欧米では主流になっていますが日本での普及率は1,5パーセントになりますその背景には更年期の症状は病気ではないので自然にまかせるべきという日本人の独特の価値観副作用が怖いという心配がありますどのような薬でも体によう効果をもたらす作用がありますが必ず副作用をもたらすものです大切なのはHRTの長所と短所を正しく理解して納得して使用することです